危険物倉庫 | 安い早い高品質-三拍子建築
危険物倉庫
商品の特長
消防法の基準
危険物を取り扱う建築物は、各地域の条例に定められている消防法の基準に適合した設計を行う必要があります。

設備基準

危険物倉庫は換気・採光・避雷等の設備が必要になります。特に、引火点70℃未満の場合には可燃性蒸気排出設備等の特殊な換気設備を設けなければなりません。取り扱う危険物の種類を合わせた設備のご提案を行います。
運営効率
危険物倉庫では1棟あたりの面積が定められているため、複数棟の建築に及ぶケースがあります。敷地を有効活用できるように運営効率が良いゾーニング計画をご提案します。

役所との協議

危険物倉庫の法規検証は重要であり役所との協議を複数回行う必要があります。計画スタート時から行政の担当者とよく打合せをし、法的な規則を確認しながら進めます。
躯体工事参考価格
躯体工事参考価格表
規模 参考坪単価 躯体工事参考価格 幅(W) 長さ(L) 高さ(H1) 最高高さ(H2)
500坪 18.2万円 9,100万円 30m 55m 4.0m 5.3m
1,000坪 17.2万円 17,200万円 60m 55m 4.0m 5.3m
2,000坪 17.0万円 34,000万円 60m 110m 4.0m 5.3m
3,000坪 16.5万円 49,500万円 60m 165m 4.0m 5.3m
1 躯体工事参考価格に含まれる工事項目と基本仕様
①直接仮設工事
躯体墨出、外部足場、躯体養生、清掃、残材処理費、揚重費(1の②~⑧に係る仮設のみに含まれます)
②基礎工事
ベース、地中梁、外周立上り(床高+20cm程度)
③土間工事
コンクリート厚15cm、下部防湿シート敷、鉄筋シングル、金鏝仕上
④鉄骨工事
主柱・梁材:SM490A、間柱・胴縁・母屋:SS400、グレー錆止塗装、積雪量30cm想定
⑤屋根工事
折板(ガルバリウム板0.8mm)+不燃材裏打、雪止金具、シャッター上部庇(出2m)
⑥樋工事
軒樋(ガルバリウム鋼板)・竪樋(塩ビ管)
⑦外壁工事
角波(ガルバリウム鋼板)
⑧外部建具工事
軽量手動シャッター+アルミドア(長手27.5mに1箇所程度)、腰窓(長手7mに1箇所程度)
2 躯体工事参考価格に含まれない工事項目と内容
①共通仮設工事
建設地域や敷地形状、周辺状況、工事時期、工事内容全体が確定され次弟決定
②電気設備工事
電気引込、電灯コンセント、弱電、非常用照明、受変電、幹線動力 等
③冷暖房換気設備工事
エアコン、換気扇、床暖房 等
④給排水衛生設備工事
トイレ、流し台、屋内外給排水配管、給湯設備 等
⑤消防設備工事
消火栓、消火器、自動火災報知設備、誘導灯、その他消防法や消防指導にかかる工事 等
⑥外構造成工事
開発行為全般、舗装工、路盤工、雨水排水工、造園、囲障、既設障害物撤去 等
⑦建築内部工事
間仕切工事、防火区画、天井・壁・床仕上、内部建具、排煙設備、断熱工事、雑工事、外壁防火、行政指導工事 等
⑧特殊基礎工事
杭工事、地盤改良工事、土間下補強工事 等(別途地耐力調査の結果によります)
3 その他
カタログダウンロード無料見積もり
埼玉県の工場建設・倉庫建築のプロ集団    埼玉県で倉庫建築・工場建築を低価格で実現するお電話でのお問い合わせ
Copyright SANBYOSHI KENCHIKU All Rights Reserved.